【逆あおり】10キロおじさんの出没現場・場所はここ神奈川県!おでかけには気をつけて

10キロおじさん出没現場はここ:神奈川県





逆あおりのニュースが飛び込んできましね。
時速10Km/hで走る軽自動車は、目の前でいきなり減速するという。

このような運転許せませんね。

このノロノロ運転は10年以上前から繰り返し行われており周辺の住民に迷惑をかけ「10キロおじさん」とネーミングが付くほど有名人物だそうです。

その現場を通る際は気をつけたい!と思っても場所が特定できません。

調べてみた結果、該当する道路が見つかり安全予防として掲げた次第です。



迷惑な内容

発表されている内容を確認します。

神奈川県内の一般道。
目の前の軽自動車がいきなり減速。ノロノロ運転です。
後続車の運転手は嫌がらせだと感じ、追い越します。

すると、あおり運転の逆、ゆっくり走って後続車に嫌がらせをする逆あおり運転でしょうか。
実は、この軽自動車は近隣では有名な存在だといいます。
近隣住民:「歩くような止まるぐらいのスピードでトロトロっていう感じ。
追い越した途端にすごくクラクションを鳴らされて、何回もありますよ」「(相手が)バスでもやるしダンプ、トラックでもやるので、とても危ないです。“10キロおじさん”とかって呼んでましたけど」

付いたあだ名は10キロおじさん。

近隣住民によりますと、10年以上前からノロノロ運転を繰り返していて、後続車が100メートル以上の列をなすこともあるといいます。

近隣住民:「カーブで止まって、カーブだったら見えないでしょ、衝突して」
住民は見通しの悪いカーブの先に軽自動車が止まっているのを何度も目撃。
通行する車と警察沙汰になったこともあったと話します。

繰り返されるノロノロ運転などの迷惑行為。男性を直撃すると・・・。

男性:「嫌がらせ運転されてるんだよ、こっちが。車に接近走行されて。こっちがされているって散々、何年も警察に言って」「(Q.どういう状況かだけ・・・?)こっちがやられているんだよ。
こっちが嫌がらせ運転をされているんだよ」  男性の主張では、被害者は自分だというのです。

では、一般道でのノロノロ運転は違反になるのでしょうか。

高山法律事務所・高山俊吉弁護士:「『この道路で何キロ以下で走ってはいけない』という表示がある場合には違反にはなるが、最低速度違反にはペナルティーがないんですね。

道交法上。ただし、(後続車は)超低速で走らなければいけない状態に追い込まれてしまう。

以上が内容となります。

動画で確認

動画で確認します。

2018年1月に撮られた映像、バイクからの撮影でしょう。
確かに近づくとノロノロ運転、クラクションと迷惑行為だと考えられます。

では、この現場はどこ?

神奈川県の出没する現場

出没する可能性がある道路は、「県道64号」になります。

動画の18秒あたり左側に「中里」バス停留所が映ります。
地図で確認すると。

このあたりです。
Googleストリートビューでバス停を確認します。

ここが逆あおり、10キロおじさんが出没する可能性ある現場です。
住所は〒243-0112 神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷。

通過される場合は気をつけてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtamiさんをフォローしよう!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

人気の投稿とページ

ピックアップ記事

  1. 相模湖の紅葉:見頃を知る方法や無料観光と知っておきたい情報
    相模湖観光をする場合、現状を理解しておき「今後に期待したい」内容でご紹介しております。 神奈川…
  2. カパルに会いたい出没情報とプロフィール
    日本一を決めるゆるキャラグランプリが大阪附の東大阪市で2018年11月18日開かれました。 909…
  3. 横浜こどもの国(渋滞・混雑)回避策リアル情報がカギ
    神奈川県横浜市にある「こどもの国」これだけ広~い施設だけにイベントや連休が重なると大渋滞となります。…

最近のコメント

    スポンサーリンク
    ページ上部へ戻る