2018年実際に起きた高齢者運転事故事例を理解しおでかけ前の参考に!

2018年高齢者運転事故事例
スポンサーリンク

高齢者が運転する事故が後を絶たないでいる。
2017年1年間に75歳以上のドライバーが起こした死亡事故、全体の13%あまりと加速の一途を歩み続けているのはご存知でしょうか?
悲劇は繰り返されます、どうしましょうこれから先も深刻な社会問題です。

2018年1月から日本全国で実際に起きた高齢者運転事故事例を掲げております、まずはどのようなケースで事故がおきているのか理解しおでかけ前に参考にしてほしいです。

逆走やアクセルとブレーキの踏み違いでの事故が多いのがわかると思います、痛ましい事故が繰り返さないようにするには、高齢者のドライバーに自主返納という方法しかないように思えます。

尊い命も奪われている事故、ありえないが現実に起きていますので、これからの外出時に役立てていただければと思います。



2018年1月~2018年9月までの高齢者による運転事故事例を掲げています。

2018年9月1日午後1時ごろ、埼玉県三芳町上富の町道で85歳の男性が乗る自転車と乗用車が衝突する事故がありました。
85歳の男性は、全身を強く打ち搬送先の病院で死亡が確認されました。
東入間署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた78歳の男性を現行犯逮捕、容疑を同法違反の過失致死に切り替えて事故原因を調べています。
警察の調べでは、自転車に乗っていた男性が何らかの原因で自転車と共に倒れ、直後に進行してきた乗用車が衝突したとことが原因のようです。


自転車に乗っていた男性は、何らかの原因で自転車と共に倒れる、高齢者が自転車に乗っている場合、私たちは細心の注意をして走る必要が今後考えさせられる事故です。
運転者も高齢者でしたが、この件は誰にでも加害者になりうる場面ですので、今後は気をつけたい事柄となるでしょう。

2018年8月30日未明(午前2時30分)すぎ、横浜市神奈川区の市道で73歳男性が運転する乗用車が路上に横たわっていた女性をひく事故があり、女性は病院へ搬送されましたが、頭などけがをしておりおよそ2時間後に死亡が確認されました。
現場は住宅街の中の4m程の道路、運転していた73歳の男性は「女性が横たわっているのに気づかなかった」と話しています。
警察は、女性の身元を確認を急ぐとともに女性の死因、事故当時の状況を調べています。
乗用車が路上によこたわっていた女性をひく
画像元:TVKニュース(テレビ神奈川)


画像元:Google Map
事故現場はこちらだと思います。
午前2時30分の出来事、道路に横たわっていた場所、時間を考えると高齢者ドライバーだけの問題と考えるのは理解しがたい状況と思えます。

2018年8月29日午前6時55分ごろ、香川県善通寺市生野町の県道25号線の信号機がない交差点で横断歩道を渡っていた80歳男性がはなられ死亡する事故がありました。
亡くなった男性は、ゴミを出すために横断歩道を渡っていたところ横から来た軽自動車にはねられ、頭や腰を強く打ち病院に運ばれましたが約1時間後死亡が確認されました。
軽自動車を運転していたのは、73歳男性で「前をよく見ていなかった」として現行犯逮捕され、容疑を致死に切り替え警察が調べています。
朝ごみ出し中に…横断歩道で車にはねられ男性死亡のニュースはこちら(削除されました)

朝ごみ出し中に…横断歩道で車にはねられ男性死亡
画像元:KSB瀬戸内海放送


画像元:Google Map
事故現場はこちらだと思います。
横断歩道を渡っていたときの惨事、前をよく見ていなかったのが原因、なんとも悔やまれる事故です。

2018年8月28日午前11時30分ごろ、北海道函館市美原5丁目のコンビニエンスストアに82歳男性が運転する自動車が突っ込み1人がけをした。
店で買い物をしていた45歳の女性が飛び散ったガラスで口の周りを切る怪我しました。
82歳の男性は「自分もそういう年齢だからと思って気を付けていたが、体が言うこと聞かない。年とればこうなる」と述べています。
警察によれば、男性がアクセルとブレーキを踏み間違えたのが事故の原因とみて調べています。


画像元:Google Map
体が言うことを聞かなかったとは、コンビにもガードが必要?しかし入口からでは防ぎようがない。

2018年8月26日午後6時30分ごろ、愛知県小牧市で74歳の男性が運転する軽ワゴン車が飲食店に突っ込む事故がありました。
74歳の男性は、その後の検査で基準値を超えるアルコールが検出され酒気帯び運転などの疑いで逮捕。
警察の調べによれば、交差点を曲がる際にハンドル操作を誤って店に突っ込んだとみて調べています。
店には客や店員数人がいましたが、ケガをした人はいませんでした。


画像元:Google Map
けが人がでなくて本当によかったです、酒気帯び運転の疑いとは高齢者わが道でしょうか?

2018年8月19日岐阜県各務原市午前8時30分過ぎ、87歳の男が運転する軽乗用車が横断歩道を渡っていた高校1年の女子高校生15歳をはね、軽傷を負わせそのまま逃げた疑い。
目撃者の情報から近くの畑に停めてある特徴が一致する軽乗用車を見つけ、作業をしていた87歳の男を逮捕、取り調べに対して容疑を認めています。


画像元:Google Map
信号機のない横断歩道では、今後も増えるような気がします。

2018年8月18日(土)山形県上山市金瓶(かなかめ)の国道13号で午後11時25分頃、84歳男性の運転する軽乗用車と30歳男性が運転する軽乗用車が正面衝突し、84歳の運転手男性と助手席にいた妻82歳の2人が死亡、30歳男性の家族の計3人が重軽傷を負った。
現場は、中央分離帯がある片側2車線、緩いカーブで逆走してきた軽乗用車(84歳男性の軽乗用車)との正面衝突。
逆走軽乗用車:84歳男性死亡、82歳女性死亡
軽乗用車:30歳男性首の捻挫、29歳女性骨や背骨を折り重傷(助手席)、5歳男児は打撲(後部座席)


画像元:Google Map
中央分離帯もある片側2車線道路での逆走事故、緩やかなカーブから飛び出てきた逆走車、正面衝突となりますが逆走車問題!ますます増えてゆくはずです、2車線以上の車道は気をつけるしかありません。
2車線の場合、常に左側で走れば逆走対策に効果があるかもしれません。

2018年7月31日群馬・上野村で69歳の女が運転する軽乗用車が親子連れに突っ込んだ。
場所は、上野村勝山の森林公園「まほーばの森」の近くの路上下り勾配。
公園には、コテージやキャンプ場を併設。巨大つり橋「上野スカイブリッジ」などの観光スポットに近く、親子連れなど多くの観光客が訪れる場所でした。
父親(49)がその場で死亡が確認され、小学2年の息子(8)が救出活動が行われた。


画像元:Google Map
ガードレールがない道路は行楽地でも気をつけたい考えになります。

2018年7月31日午前6時20分頃、北九州市にある市立門司総合特別支援学校の校舎に79歳(男性)の車が突っ込んだ。
学校脇の道路を走っていた際、誤って正門から校舎に進入し、校舎のランチルームの窓ガラス「縦2.1メートル、横0.9メートル」に衝突する事故が発生。
男性は、ブレーキとアクセルを踏み間違えたかもしれない、よく覚えていないと話しをしている。
高齢者が運転の車 後者に突っ込む


画像元:Google Map
早朝だったことが幸い、しかし門からかなりの距離があるのでブレーキとアクセルの踏み違いだけが原因なのだろうか?

2018年6月27日午前10時40分すぎ、群馬県大泉町で87歳男性の運転する乗用車が化粧品販売店に突っ込みました。
店の近くで妻を降ろした後、駐車しようとして運転を誤り、男性は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しています。
店内には3人の従業員がいましたが、怪我人はいませんでした。


画像元:Google Map
店舗前にポールなどで今後は対策が必要になるかもしれません。

2018年5月28日神奈川県・茅ヶ崎市の90歳の女性が運転する車が赤信号を突っ切り、歩行者を次々とはね4人が死傷する事故が発生。
90歳の女性は2018年3月に免許を更新、その際に義務づけられている判断力や記憶力を調べる検査「認知機能検査(にんちきのうけんさ)2017年3月施行」では、問題はなかった。


画像元:Google Map
国道なので、ガードレールもあり歩行中での出来事、どこから自動車が向かってくるのか周囲に気をつけて歩行するしかないのが残念です。
事故2日後に釈放され裁判はこれからのようです。

2018年5月28日午後3時前、北海道苫小牧市で女子中学生2人(13歳)が車にはねられ1人が軽傷(首や腰に軽い怪我)を負った。
事故を起こした80歳の男は2人をはねたまま救護せず立ち去ったとされ、ひき逃げなどの疑いで男は逮捕された。
男は「声を掛けたが『大丈夫だ』ということで立ち去った」と容疑を一部否認している。
被害者の女子中学生が容疑者の車のナンバーをスマートフォンで撮影していたのが逮捕のきっかけになった。
ANNニュース動画はこちら


画像元:Google Map
被害者の女子中学生がナンバープレートを撮影したのが逮捕のきっかけとはすばらしい行為です。
いざとなればそこまで機転が利くか?



また2018年4月には、NEXCO中日本<NEXCO中日本開発株式会社(ネクスコなかにほんかいはつ)>でも高速道路の逆走が2日に1回以上発生し、見かけた場合は110番の通報するよう伝えています。
悲惨な事故が後を絶たないため注意が必要です。
速度を落として、前方に注意した走行を心掛けることが必要です。

30秒の動画はこちらです

2018年3月22日午前8時30分すぎ、北海道北見市で78歳の女性が歩道を歩いてところ、70代男性が運転する乗用車にはねられ、意識不明の重体(頭蓋骨骨折の疑い)となった。
70代の男性は、駐車場からバックで出来きた際に事故となった模様です。
「バックをしたことは間違いない」などと話しています。

残念ながら場所、画像を特定することはできませんでした。

2018年2月28日午前10時30分頃、茨城県守谷市のホームセンターの駐車場で80歳女性が運転する軽自動車が歩行者2人(60代女性は頭を強く打って重傷、41歳女性は胸を打撲する軽傷)をはねて1人が重傷の事故が発生した。
駐車場に入ってきたときの事故で、女性は過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕。
止まっていた車や自動販売機にも衝突している。

画像元:Google Map
歩行者に気づくのが遅れ、更にアクセルとブレーキを間違え停車中のクルマや自動販売機に衝突したものだと思います。
どこでもホームセンターは駐車場が広いですが、歩行者との分離がされていない場合があるので気をつけたい心境です。

2018年2月26日午前10時すぎ、香川県坂出市にある雑貨店に車が突っ込み2人が怪我する事故がありました。
81歳の男性が乗る乗用車は男性61歳にぶつかり店舗ガラスを突き破り、商品棚が倒れ67歳女性にぶつかり2人とも足の打撲など軽傷を負いました。
運転手にはけがはありませんでした。
81歳の運転手男性は「駐車しようとしてアクセルとブレーキを踏み間違えた」と話してます。


画像元:Google Map
店舗にもガードするものが必要になってしまった時代と認識される事故です。

2018年2月18日午前7時30分ごろ、78歳男性が運転する乗用車が歩道にいた男性をはね、道路わきの金物店に突っ込む事故がありました。
場所は、東京都港区白銀です。
はねられた男性30代は車と建物の間に挟まれ、病院に運ばれましたがまもなく死亡。
乗用車を運転していた男性は足の骨を骨折する大怪我です。
金物店の人に怪我はありませんでした。
警視庁によれば、車は事故現場から約200mの路上で停止、知人が乗用車のトランクに荷物を入れている際に、車は急発進させたことが原因のようです。


画像元:Google Map
このように営業していたんですね。
よく見るとガードパイプもなぎ倒す勢いですから速度はかなり出ていたように思えます、もしガードレールなら歩行者の接触事故にならなかったかもしれないと思うと残念です。

2018年2月4日午後6時30分ごろ、栃木県佐野市で75歳男性が運転する車が片側2車線の道路を逆送し別の車と正面衝突する事故がありました。
場所は国道50号線の渡良瀬川大橋、逆走したワンボックスカー運転手75歳の男性は胸など強く打って死亡。
相手の軽乗用車の運転手56歳の女性は、足の骨を折る重傷を負いました。
軽乗用車の後ろから来た乗用車も衝突しています。
警察の調べでは、橋の手前の交差点から誤って進入し、約600m逆走したとみています。


画像元:Google Map
これだけ見通しのよい道路でも、片側2車線道路は危険であることを認識しておいたほうがよいことがわかります。

2018年1月9日朝、群馬県前橋市北代田町で85歳の男性が運転する自動車が、自転車で登校中(学校の始業式)の女子高生2人をはねる事故が発生しました。
そのうち1人の女子高生16歳(1年生)が死亡。
85歳の男性が運転する車は、片側1車線の県道であったがセンターラインをはみ出し逆走、約130m逆走したのち縁石に乗り上げ登校中の女子高生(1年生)を正面からはねて塀にぶつかり、後ろにいた女子高生(3年生)を巻き込み意識不明の重体。
男性は、「気づいたら事故を起こしていた」などと供述しています。
85歳の運転する車は、女子高生と事故する前に、対向車で右折しようとしていた車に接触し事故を起こしていた。
「逃げていたとしか思えない」と目撃者情報もあるようです。
その後前橋地検は、逮捕された85歳男の鑑定留置を請求する方針を固めた。
事故当時のことは覚えていないとの趣旨の供述を続けている。


画像元:Google Map
どこにでもある車道と歩道がある県道での事故、逆走と運転誤操作、またか!と思うと何か高齢者ドライバーの対策が必要です。



亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
けがをされた方の回復をお祈りします。
二度と繰り返すことなく、高齢者運転事故が少なくなればと思っております。

おでかけ注意関連記事
【高齢者運転の交通事故】おでかけ前に注意しておくこと!

サポカーSワイド合計84台の日本車種ラインナップ!セーフティー・サポートカーで安心おでかけ

キイロスズメバチ注意】自転車ロードレース大会でも61人が刺される!おでかけ前に理解しておこう

大型トラックが自転車2人をはねひき逃げ!自転車旅行で事故に対し気をつけたいポイント!おでかけ前に理解しておきたい

出会い頭衝突事故!軽自動車と自転車が・・・1人死亡|予防対策方法はあるの?おでかけ前の事故予防

移動式オービスレーダー探知機の取締現場はこちらです!おでかけは安全運転を心掛けよう

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtamiさんをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. お出かけ前に注意しておくこと
    群馬県林道を歩いていた親子3人が軽乗用車にはねられる事故が発生し、父親が死亡、8歳の息子が怪我をしま…
  2. バイクとイノシシの事故現場!予防策はあるのか?
    2018年9月23日(日)、南伊豆町子浦の国道136号(マーガレットライン)をバイクで走行していた5…
  3. 水道法改正案とは?
    水道法改正案(すいどうほうかいせいあん)日本国民の生活に影響する法案がこれから国会で審議されようとし…

最近のコメント

    スポンサーリンク
    ページ上部へ戻る